hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古都ランパーンにて、花馬車で揺られてやってきたのはワット・プラケオ・ドーンタオ。
町の中心部からは馬車で15分ぐらいか。途中、古い民家が建ち並ぶエリアを通ってくるので景色も楽しいが、ほとんど何もないエリアだ。有名で、由緒正しいお寺の割には観光客・参拝客の姿もまばら。

P1040779021.jpg


まず入り口で迎えてくれるのは、ランパーン出身の英雄、ナン・ティップ・チャーン。
1558年、ビルマ軍の攻撃でランナー・タイ王国の首都・チェンマイが陥落。約200年にわたって支配を続けたが、タイの主権を奪い返そうと考えた高僧が、カリスマ性のあるナン・ティップ・チャーンに目をつけた。ナン・ティップ・チャーンは自らビルマ軍が駐留するワット・プラタート・ランパーン・ルアン(ここに来る前にいた寺)に潜入し、将軍を暗殺。これをきっかけにナン・ティップ・チャーンはランナー・タイ王国を再興した。
ランナー・タイ王国はタイ中部のトンブリ王朝と手を組んでビルマ軍を撃退するが、長い戦いで疲弊し、結局1880年にはシャム王国に吸収された。ここで初めてバンコクあたりと同じ国になるわけだ。

P1040781004.jpg


その隣には不思議なオブジェが。
知らなければまったく意味不明だが、これはこのお寺に伝わる「スシャダ伝説」を表現したもの。

スシャダという信心深い女性は、日頃からお寺に何かを寄進したいと考えていた。それを感心感心、と思った蛇神ナーガは、スシャダに碧玉の入った西瓜を与えた。スシャダは碧玉を見つけると喜んでお寺に寄付した。
お寺の僧侶も喜んで、その碧玉から仏像を彫ろうとしたが、固くて歯が立たない。すると、通りがかりの旅人が「私が彫りましょう」といってささっと彫ってしまった。この旅人も、これまた神だった。
無事に仏像としてお寺に安置されたが、スシャダが何度となく僧侶と面会している姿を見かけた人が、悪い噂を立てた。もちろん僧侶は女人禁制なのでスシャダは罪と問われ、処刑されてしまった。しかし彼女の血は地面には落ちずに天に昇っていき、それを見て過ちに気づいた王様は嘆き苦しんで、そのまま息絶えてしまったという。

P1040782003.jpg


さて、では先に進もう。
白い獅子(シン)に守られて仏堂と白い仏塔が並ぶ。仏堂の屋根の形はかなり特徴的で、一般的なタイのお寺の屋根とは明らかに違う。ガイドブックによれば典型的なビルマ様式だというが、何とも美しいデザインだ。この建物自体は建立は1909年と、比較的新しい。
後ろの仏塔は、高さ50メートルもあるらしい。これも台座部分が四角いハリプンチャイ様式。

P1040783022.jpg


近づいて見ると、装飾がものすごく細かい。このあたりもビルマ風だ。
ほんの数週間前に来たときにはこれほど金ピカではなく、ごく最近塗り直したようだ、とガイドさん。やれ金ピカすぎだ、何週間か前のほうがよかった、とまた金ピカ嫌いが始まる(笑)。

いやしかしこれは見事だ。
ほかに観光客が全然いないこともあって、思う存分ぽかーんと屋根を見上げる。後で出てくるが建物の中も凄い。

P1040787023.jpg


このお寺はまだ見所があるので、続きはまた次回。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ものすごい知識ですね!
スジャダ伝説のオブジェも含めて、確かにビルマ風ですね。
しかしそんな伝説、よくご存知ですね。
スゴいなぁ~
毎回毎回、続きが気になって仕方ありません。
更新大変でしょうが、頑張ってくださ~い!!
2011/01/19(水) 00:48 | URL | プライサニー #HfMzn2gY[編集]
Re: ものすごい知識ですね!
いやいや、受け売りの知識をすごいとか言われると困ります(笑)
一応ガイドブックと、ガイドさんから聞いた話と、Web上の情報とを突合して確認して、嘘は書かないようにしてますが、別に自分の頭に入ってる知識ではないんですよ~
ただ、「スシャダ伝説」ってググっても(このブログを含めて)4件しかヒットしないので、かなりレアな情報ではあるようですね。
続きを気にしていただいているなんて嬉しいです(泣)
2011/01/19(水) 21:45 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。