hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼飯の後は天龍寺のすぐ隣にある宝厳院へ。
天龍寺にいた観光案内っぽいひとに「ほうげんいんはどこですか?」と聞いたら「ほうごんいんですね」と言われてしまった。京都の地名は色々と難しい。漢字変換も一発では出てこない。
そういえば連れは学生の頃修学旅行で京都に来て、道行く人に「とりまる通りはどこですか?」と尋ねて「あーからすま(烏丸)通りね」と返され、「いえ、とりまる通りです!」とさらに返したそうだ(笑)。

P1030694001.jpg


宝厳院は、他の紅葉の名所と言われるところに比べるとだいぶこじんまりしているが、ちゃんと京都新聞の「京都・滋賀の紅葉の名所」サイトに載っている。
庭園が緑の苔で覆われていて、それが赤や黄色の紅葉に映える。

IMGP4939015.jpg


宝厳院の後、保津川の河原に出る。
渡月橋も見えるが、ちょっと遠いし行きたい方とは反対方向なので、遠くから眺めるだけにしておく。同じ川だけど、渡月橋から向こうは桂川と名前が変わる。

P1030734002.jpg


曇りだったので、色がくすんで見えるが、それでも山が色鮮やかだ。
水面にも赤や黄色が映り、行き交う保津川下りの船に揺らされる。

IMGP4954016.jpg


川沿いを歩くと、雰囲気のいい茶屋がある。絵的にもとてもいい感じなのだが、いかんせん車が邪魔だ。
旅行番組などを見ていると、古くから発展してきた都市は、できるだけ昔のままの姿を残す「旧市街」と、その周囲に新しく発展した「新市街」とに分かれていて、旧市街は未だに自動車が進入禁止だったりもする。
車嫌いの僕としては、そういう街がとてもうらやましい。その街に暮らしたり商売をしたりする人には不便なのかもしれないけど。

P1030756009.jpg


川沿いに行けるところまで行くと、山を登るか、今来た道を戻るか、という選択肢になる。
山を登ると何があるのかはっきり案内板があるわけでもないのだが、とりあえず方角としてはこっちが行きたいほうなので、登ることにする。
しばらく行くと、広場のようなところに見事な紅葉が広がっていた。昨日はあれだけ溢れていた観光客も、誰もいない。

しかし、曇りのまま持ちこたえてくれていた空から、このあたりでとうとう雨が降り出した。
傘を差しているとカメラがとても構えにくい。

P1030764003.jpg


案内板によると、さらに山を登ると展望台があるというので、更に階段を登ってみる。
すると、嵐山の奥の方を一望する展望台があった。
川のふもとにあるのは温泉宿。山の中にぽつんとあるのは、お寺。

IMGP4957017.jpg


お寺が気になったのでズームしてみる。
地図を見るとたぶん千光寺というお寺で、ここからは京洛が一望できることで有名らしい。
都からは適度に離れ、嵐山の色づく木々に囲まれた、お寺としては最高とも思える環境だ。

P1030775008.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。