hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは前回の続き、無人島からリゾートへ帰るところ。もう日が沈んでからしばらく経っているが、まだ空は赤く染まっている。



晩飯を食って、のんびりして、翌日はまた朝から活動。
今まで書いてなかったが、このリゾートの素晴らしいところは、毎食デザートにマンゴーが用意されていることだ。東南アジアはどの国もマンゴーの産地とは言え、やっぱり他の果物に比べると少し高いし季節も限られるので、そうそう食べ放題にドカドカ出してくれることはあまりない。まあ今回は4月で季節がちょうど良かったこともあるのだが、ここではいつでもマンゴー食べ放題で、幸せを満喫した。



今日は朝からラグーンめぐりツアー。
リゾートが建っているミニロック島は、実は大小のラグーンを擁するので有名で、よその島からもツアーが来るほど。
今回もフィリピン人の大家族と一緒になった。前回とは違う人たちだが、今回もおばあちゃんを頂点とする3世代の大家族だ。



最初のスポット。ここは珊瑚礁のシュノーケリングスポットということで、みんなボートを降りて泳ぐ。写真中央に見えるボートから、岸まで泳いできて撮ったのが下の写真で、更にその下の写真は、海側から岸を撮ったもの。



海面に無人のカヤックが浮いてる写真だが、実はその前で人間が泳いで引っ張っている(リゾートのスタッフが、客用に岸まで運んでいる)。



このあたりの海の中。びっしりと一面の珊瑚だ。ただ、白化現象が進んでいるのがちょっと気になる。白化してしまった珊瑚は別に死んでしまったわけではないが、長くこの状態が続くと死んでしまうのだそうだ。
高水温などのストレスが原因だというから、やはり地球温暖化によるものなのだろうか。私は世の中で盛んに騒いでるエコってかなり懐疑的に見ているが、こういうのを目の当たりにしてしまうと、ちょっと弱気になる。



ラグーン巡りは盛りだくさんで、まだまだ続く。

このブログのコンテンツは、本家サイトでも見られるようにしてありますが、そっちで見たほうが画像が縮小されずに綺麗に見えるので(別物のように、全然違って見えます)、写真をきれいに見たければこちらで

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。