hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
房総半島の安房小湊への旅行を更新途中だったのに沖縄旅行を一気に更新してしまったので長らく間が空いてしまいました。が、ちょうど1年前の旅行なので季節的にちょうどよくなったかな。
これまでの更新分はこちらで。

小湊のホテル「𠮷夢(きちむ)」にて、一晩過ごした後の朝。
最上階の露天風呂からの景色。なんとも爽やかだ。まるで風呂がそのまま海とつながっているようにも見えるが、実はここはホテルの10階なので、どちらかというと空とつながっている感じ。「天空露天風呂」という名前も伊達ではない。

だいたい温泉街の露天風呂ってのは周囲から見られないように植物を飾ったりして隠しているものだが、ここは周囲に他に高い建物がないこともあり、完全に無防備なガラス張り。それだけにこの解放感!こっちから漁船がよく見えるってことは、向こうからも丸見えだ(笑)

IMGP3131023.jpg


天空露天風呂も素晴らしいが、やっぱり部屋に露天風呂がついているのがいい。
但しこの風呂は毎回お湯をためないといけない。風呂桶がかなり大きいので、ためるのにもやたらと時間がかかる。流石に11月だと少したつと冷えてしまうし、やっぱり部屋露天風呂が掛け流しかどうかは重要だ。

P1070152027.jpg


部屋のベランダから見る小湊港。思いの外、海の色がきれいだ。
僕は高校生まで千葉県で育ったので海水浴といえば九十九里浜だったが、きれいな海だったという印象はまったくない。ここまで南に下がってきたからこそキレイなのだろうか。

P1070178020.jpg


温泉街のホテルの例にもれず午前中にはチェックアウトしないといけない。とりあえず精算して、荷物を預けて散策に出る。
ここはホテルのロビーで、海沿いがテラスになっているのだが、午前中はL字型の建物に囲まれる形で日陰になってしまうので、居心地は今ひとつ。

F_P1070191.jpg


日蓮ゆかりの誕生寺の横を通り過ぎる。今日は土曜日なので昨日よりは観光客が多く、参道のお店も少しはにぎわっている。当地の名産でもなんでもないザボンとパイナップルを大々的に飾る不思議な店。ま、彩りはきれいだが。赤い箱の鯛せんべいは、この地の名物。

P1070210009.jpg


小さな町で、ホテルから誕生寺、そこから漁港と、それぞれ歩いて3分もかからない。
今日はさらにここから足を延ばして、小湊を探検!

P1070223021.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。