hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣から沖縄本島までのフライトは、なんとゴールドの機体のANA。
ANAのボーイング737-700という機種はこの色で、GOLD JETという愛称なんだって。

F_P1010672.jpg


翼の先がくいっと上に曲がってるのがこの機種の特徴。でも僕はその背景の青い海のほうが興味あるけど。

F_P1010683.jpg


離陸してほどなく見えてくる、まん丸な多良間島。

F_P1010689.jpg


那覇空港に到着。往路も書いたかもしれないけど、自衛隊と民間で共用してる空港なので、こんな風に滑走路脇を戦闘機がうろうろしている。

F_P1010700.jpg


空港内にも「興南高校 優勝おめでとう」の横断幕が。一部の売店では優勝セールみたいなこともちょこっとやっていたが、流石にもう熱は冷めた感じ。東京に戻ってからのニュースで、沖縄はどこもお祭り騒ぎで祝賀ムード一色、みたいなのを見たが、この時はもうそれほどではなかった。

F_IMGP4445.jpg


ここで昼飯。沖縄で最後の食事は、ソーキそばとタコライスで締め。

F_IMGP4457.jpg


売店でところ狭しと並べられる沖縄土産の数々。ごちゃっと、しかし整然と、狭い場所を最大限効率的に活かして展示する日本人の才能は天下一品だ。

F_IMGP4459.jpg


これで沖縄の旅はおしまい。

ところで、小浜島で目が開かなくなった話のその後。
だんだん目が開くようになってきたので、結局石垣島では医者に寄らず、そのまま東京へ帰ることにした。帰ったその日はもう夜だったので、翌日会社に出勤して、昼休みに眼科へ。
そこで下された診断は「角膜にイヤな傷がついている」。イヤなって言われても... 海に入るときはマスクをしていて直接目が海水に触れることはなかったはずなので、結局いつどうやって傷がついたのかは不明なまま。2種類の目薬を差し続けて、一週間のメガネ生活を経てようやく完治した。もともと家の中で短い時間かけるだけのメガネだったので外を出歩くのはおっかなく、結局メガネを新調してしまったり、何かとバタバタでした。

腕の切り傷とか、足を打撲したとか、そういうんだったら怪我の程度というか、放っておいても大丈夫なレベルが自分で見当がつくけど、目のこととなると加減がわからないということもあって不安な思いをした。でもこれに懲りることなく、ほんの2週間後にはまた伊豆・下田の海に潜って遊んできました。(完)

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですね!
こんにちは、hungrykazさん。

ゴールドのANAの機体、初めて見ました!
それにしても、海、綺麗ですねぇ~
日本の離島もいいなぁと思いましたよ!

2010/11/04(木) 12:54 | URL | にゃあ #c7wjWTFU[編集]
Re: 旅の最後は黄金のANA機で(2010 石垣島&小浜島その26)
にゃあさん、こんばんは。
そうですね、日本もやるじゃん!って思いました。ほんとにキレイです。もっともっと外国人にもアピールしていいですよね。
そういえば、石垣島には台湾からの定期観光船があるので観光客が多いそうです。沖縄本島よりも台湾のほうが近いですからね!
ゴールドのANA機は、さすがにみんな搭乗前に立ち止まって写メ撮ってました。
2010/11/04(木) 21:31 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。