hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小浜島からのシュノーケリングツアー。
水深7~8メートルぐらいのところだろうか、けっこう大きい魚が群れている。泳ぐというよりは漂っている感じで、けっこう時間が経ってもほとんど同じあたりに固まっている。黒いのと黄色っぽいのと、もともと2種類の群れだったのが、ちょうどぶつかったところ。

F_IMGP4397.jpg


ボートは、昼飯のためいったん黒島ターミナルに入港。
小浜島ものどかな港だったが、黒島はそれ以上にのどか、というか何もない。車はけっこう停まっているが人の気配がまったくないのは、ここまで車で来た島の人達が船に乗り換えて近隣の島に出かけて行ってるということなのだろう。

F_P1010547.jpg


昼飯に弁当が配られる。
このシュノーケリングツアーは、ホテルのフロントで手配してもらったものだが、実態としては地元のダイビング業者に委託されている。なので弁当もホテルが用意したものではなく、町で買ってきたホカ弁。といっても町のホカ弁屋なんて小浜島や黒島にはないので、石垣島で仕入れてきたのだろう。

連れはゴーヤチャンプルー丼、僕はハンバーグ弁当をチョイス。何もこんなとこでハンバーグ食わなくてもいいんだが、他に沖縄風のメニューはなかったんで。

ターミナルの建物は、連絡船に乗るお客さん用のものなので、その人達の迷惑にならないよう、弁当はそこいら辺の木陰とかで適当に食べて下さい、というスタッフの適当な指示(笑)。
他のお客さんはターミナルの建物の影で、我々は少し離れた道ばたの木陰で食った。どちらかというと建物の中より道ばたで食ってるほうが怪しい気はする。

F_P1010535.jpg


黒島旅客ターミナルの建物の中には小さな売店と、ほんの数席の椅子と、畳の間がある。この畳がなんともいい味を出している。

F_P1010552.jpg


そこにあった新聞。
前日の、興南高校の甲子園優勝を一面で報じている。

F_P1010550.jpg


ところで、このあたりから、どうも右目に異変を感じていた。霞んで、よく見えない。しょぼしょぼして、まともに開けていられない。
旅客ターミナルの水道で目を洗い流してみると、やけにしみる。
ちょっとやばいかも... と思いつつ、とりあえずこの場は楽しまないと損なので、あまり深く考えないことにする。

それにしても、こんなに何もない最果ての離島でも、しっかり港湾や道が舗装され、整備されているのは、やっぱり日本だなあ、と思う。

F_P1010538.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。