hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣島2日目。朝から日差しが強い。
ホテルの部屋のベランダに出ると、真っ青な空が広がる。今日は、石垣でのシュノーケリングにはベストスポットと言われる米原海岸へ出かけるので、この天気は期待大。

F_P1000996.jpg


シーマンズクラブのレストランで、まずは朝食。宿泊者が多くない割にはちゃんとしたバイキングで、半分ぐらいは郷土料理なのは嬉しい。パパイヤ・チャンプルー、ぐるくん(魚)の西京焼、島とうふの冷奴、紫芋のサラダなんてのは沖縄でしか食べられないものだ。
ちなみにぐるくんは、日本各地で捕れ、関東ではタカサゴと別名で呼ばれるが、こっちで捕れるのはおいしくないので普段食卓に上がることはあまりないそうだ。

F_P1000998.jpg


まずはホテルの目の前まで来てくれる路線バスに乗車。但しこれは交通の要所である石垣港へ行ってしまうので、途中で違う路線に乗り換えないといけない。各路線とも1時間に1本とか本数が少ないので、乗り換えもきちんと考慮。各路線と時刻表が載ってる紙は、ホテルのフロントとか色んなところで配ってくれる。

F_P1010003.jpg


川平で、乗り換えのため降りる。いくつかの路線が行き交うターミナルなのだが、まったくそんな雰囲気はなく、のんびりしたものだ。
昨日自転車で来た川平湾が目の前だ。このまま15分ほどバスを待って、すぐに米原海岸へ向かってしまってもいいのだが、これだけ天気がいいのだから川平湾をもう一度見ておくべきだろう、と一旦バス停を離れる。すかさず、グラスボトムボートの営業のお兄ちゃんが声をかけてきたので、安易に乗ることにした。

グラスボトムボートとは、船の底がガラス張りになっていて、船上から海の中を覗いて見られる観光用のボート。川平湾は遊泳禁止だが、その代わりにグラスボトムボートが何隻もいる。

F_P1010019.jpg


こうやってみんなで覗き込む。
さすがに海の上、多少は揺れるので、ずーっと下を向いてると酔いやすい人はダメかもしれない。

F_P1010020.jpg


覗き込んで眺めた映像を、動画でアップしてみた。
一つ目は、餌付けされた魚たちが寄ってきて舞い踊る様子。二つ目は見事な珊瑚が堪能できます。





にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: 川平湾のグラスボトムボート(2010 石垣島&小浜島その9)
グラスボート、乗ったことありませんが。。。
きっとゲロゲーロな事になると思います(笑)

車とかはあまり酔わないですけど、さすがに船で
下を見続けるのは。。。(笑)

hungrykazさんは大丈夫でした?船酔い?

映像拝見しました!魚影が濃いですね!
珊瑚もたくさんありますね~。

久々に沖縄の海が恋しくなってきました!(笑)

chempakaでした!

2010/09/26(日) 00:58 | URL | chempaka #-[編集]
Re: 川平湾のグラスボトムボート(2010 石垣島&小浜島その9)
chempakaさんこんにちは。
いや、船は、僕は平気でしたよ。ずーっと下を向いているわけでもなく、いいポイントへの移動(実際はそういう時間が半分ぐらい)の間は普通に顔をあげて川平湾の絶景を眺めている感じなので、やや船酔いに弱い連れも大丈夫でした。
八重山の海は、海岸からほんのちょっと入ったところにいきなり立派な珊瑚礁がある印象です。レダン島やピピ島やエルニドなど、世界に名を知られるリゾート島でも、人々が普通に生活している島からほんの数メートルのところにこれだけの珊瑚礁ってのはなかった気がします。
2010/09/26(日) 11:26 | URL | hungry_kaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。