hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、さーそろそろチェックイン、なんて書いちゃったんだけど、実はこのあと誕生寺観光してたので、その順番通りに(笑)
それほど広いお寺ではないが、なにしろ歴史がある。5000以上の寺院を抱える日蓮宗の中でも、ここは14しかない霊蹟寺院のひとつであり、更に7つしかない大本山のひとつ。その割には境内にお坊さんの姿はあまり見かけず、ごく普通の観光客の姿ばかりではあった。

重厚な祖師堂。日蓮像が飾られていて、人々が参拝に来ている。
立派な建物だが、これは本堂ではない。本堂はさらに奥にあるのだが、(観光客にとっては)残念ながら1990年代に建てられた真新しい建物なので、あまり有難味がない。

F_P1070036.jpg


屋根部分の龍の彫刻。翼をもった龍なのか?ちょっと変わったデザインでかっこいい。
大火事で焼けてしまったので現在の建物は1842年建立。僕が行った時にはちょうどお堂の正面の足下を工事していた。海のすぐ近くだから痛みも早く、年中補修工事が必要なのだろう。

F_P1070039.jpg


柱の角の部分には、獅子(左)と、右側はなんだろう、貘か?
丁寧な仕上がりで、なんだか柔らかみがありそうにさえ見える。

F_P1070040.jpg


祖師堂のすぐ裏に建つ宝塔。
ふもとには竹が植えられていて、裏庭ながらもやけに絵になる。

F_P1070042.jpg


空には、とんびが輪を描いて飛んでいる。
なぜか昔の実家では三橋美智也が流れていることがよくあって、僕も幼心に自分が生まれる前の昭和30年代のヒット曲が耳に焼き付いた。そんな1曲に「夕焼けとんび」という歌があって、とんびを見ると、この歌の「とんびがくるりと輪を描いた~ ホーイのホイ~」というフレーズが自動的に頭の中に流れる(笑)刷り込み効果というのは恐ろしいものである。

F_P1070032.jpg


ではいよいよ、今度こそホテルへ向かおう。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。