hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボロブドゥールのふもとにあるマノハラ・ホテルに宿泊。
ここの売りは、一般の観光客に開放される前にボロブドゥールに入場し、てっぺんに登って日の出を拝めるというサンライズ・ツアー。もちろん日の出前には頂上に着いてなきゃいけないので出発はめちゃめちゃ早い。連日の4時起き...

しかし、朝から雲ひとつなく晴れるという天気はあまりなくて、だいたい朝方は雲が出ているのが、10時頃になるとスッキリ晴れてくる、という天気のほうが多い(と、今までの自分の東南アジア経験から感じる)。この日はまさにそんな天気で、4時に起きて、ホテルのロビーに集合、他の団体さんたちと合流するが、あたりは一面の霧。フラッシュをたいて写真をとるとこんな。

F_IMGP3716.jpg


懐中電灯を渡され、ホテルのスタッフに引き連れられてぞろぞろとボロブドゥールに向かう。ゲートでサンライズツアーのチケットを見せて入場。暗い中、階段を登って、最上段にみんなそれぞれ陣取る。
日の出前とは言え、湿気が高いのでちょっといやな暑さだ。

前日に晴雄から、こっちの方角に陣取れ、と聞いていた方向に三脚を構え、待つ。試しに真っ暗な中でシャッターを切ろうとしてみるが、さすがに無理がある。しだいに目が慣れてきたのに加え、実際に空がほんのり明るくなってきた。が、霧も出てるし、雲もかかってるし、あまり「日の出」の実感はない。

F_IMGP3744.jpg


写真ではまだ暗いが、目が慣れているのでもうずいぶん明るい感じ。太陽の姿はまったく見えず、夕焼けモードにして撮影すると、なんとか少し朝焼けらしき赤みが。

F_P1500477.jpg


肉眼ではもうすっかり明るくなった。残念ながらあまり朝日を拝めた感じはしなかった。ただ、前の日に来たときはかなり観光客が多かったが、今はサンライズツアーご一行20人ぐらいしかいないので、好きなだけボロブドゥール観光を堪能できる。中の仏像に触れると幸福になるという幸福のストゥーパも、好きなだけべたべた触っておいたw

F_IMGP3749.jpg


こういう、観光客がまったく写り込んでいないボロブドゥールの写真というのは、早朝じゃないと撮れない気がする。
日の出だけを目当てにくると外される可能性が高い気がするが、ゆっくりと観光できるチャンスだと思えば悪くない。超早起きが辛くなければ。
しかし、我々はマノハラホテルに泊まってるからまだいいとして、中にはよそのホテルからわざわざこのツアーに参加しに、真っ暗な中をマノハラホテルに移動してくる人もいるらしい。僕たちの一行の中にも、どうもそれっぽい日本人が一組いた。もしやアマンジウォに泊まってるのだろうか... とチラチラ。

F_P1500497.jpg


ふもとに下りると、この霧。これじゃ日の出なんて見えるわけがない、と再び納得。

F_P1500557.jpg


森の中からチラリと姿を見せる、霧に包まれたボロブドゥール。
知らずにここを通ってて偶然発見したら、さぞかし感動的だろう。

F_P1500563.jpg


このあとマノハラホテル専用通路からホテルへ戻るのだが、まだ6時頃だというのに既に物売りたちが待ち構えているのには驚いた。ものすごく生活が苦しいのだろうか。それとも、ものすごくおいしい商売なので、このぐらいの苦労は平気なのだろうか。彼らはファミリーの生活がかかってるんだ、とかって必死に訴えるが、ちょっと後者のような気はする。

この日もイベントもりだくさん。まずはホテルに戻って朝飯!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: ボロブドゥールのサンライズ・ツアー(2010バリ旅行その20)
僕もサンライズツアーに参加しました!
安っぽいちっぽけな懐中電灯を渡されて(笑)

真っ暗闇のあの急なボロブドゥールの階段を
息を切らせて登ると、霧はなかったですが
空は曇っていました。。。

で。。同じく、えっ!いつの間に日が昇っていたの??
というような結末で、じっくりサンライズを堪能したとは
言いがたかったです(苦笑)

確かに観光客は少なく、貴重な写真がたくさん撮れましたね~~。

懐中電灯、記念にくれましたよ!(笑)

chempakaでした!
2010/07/11(日) 02:12 | URL | chempaka #-[編集]
Re: ボロブドゥールのサンライズ・ツアー(2010バリ旅行その20)
Chempakaさん、こんにちは。
懐中電灯、くれましたね。僕は朝食のあと、わざわざフロントに返しに行ったら、「いいよ、とっときなよ」と鷹揚な応対をされましたw
ちっこくてチープではあるのですが、なんか堅牢で実用的なデザインになっていて、僕は気に入ってます。これで中国製だったりするとガッカリですが、ちゃんとMade in Indonesiaですし。
僕の経験上、南国の夜ってのは雲が出るものだと思うので、太陽が出るときに雲がほとんどない状況って、けっこうレアだと思うんですよね。ばっちり朝日が拝めた人って、どれぐらいいるんでしょう?Googleで画像検索してみても、やっぱりみんな苦戦してるようですw
2010/07/11(日) 11:32 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。