hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猿騒動も一段落。連れもスパから戻ってきたので、またリゾート内の散歩に出かける。
まずは、自分のヴィラの敷地内ながらまだ足を踏み入れていなかったエリアへ。
我々のヴィラは丘のてっぺんにあり、すぐ脇はけっこうな斜面で、木が生い茂っている。そんな中に、ぽつんと小さな東屋がある。どうやら、庭でバーベキューをやる時だけに使う小屋らしい。行ってみると落ち葉とかでけっこう汚れていたのでそのままここで休憩するのは諦めた。
さっきうちのヴィラを襲撃した一味か、まだ猿がうろうろしていた。

F_P1490879.jpg

レセプションまで3分ぐらい歩く。レセプションデスクの隣が、ホテルのショップになっている。コンビニみたいな売店ではなく、あくまでもリゾートのオリジナルグッズとかを売るショップなので、ほとんど客足もない。
でもこういうところのポロシャツとかはだいたい洗練されたデザインで、作りもしっかりしているので、私はたいてい記念に買っていく。というかもうTシャツやポロシャツなんて、何年も旅先でしか買ったことがないw

F_P1490904.jpg

買い物していたら、カートが待っていてくれた。
音もなく走るこの電動カートは、進行方向に背中を向けて乗る。しかもこのリゾートは上り下りがけっこう激しいので、油断して乗っているとずるっと落ちそうになる。

F_P1490915.jpg

走ってるカートから。落とされないようにしっかりつかまりながら、後ろを向いて撮ったのでちょっとブレてるが、以前バンコク編で載せたトゥクトゥクに乗ってるときの写真といい、オープンな乗り物ってなんかこういう写真が撮りたくなるんだよね。

F_P1490917.jpg

そのまま、レストラン屋上のオープンエア・バーへ向かう。
先客は一組だけ。地元のカップルなのか、男のほうは一生懸命彼女の写真を撮りまくってる。
少し離れた位置でソファを陣取って、暮れゆく空をぼんやり眺めて時間を過ごす。
やがて、スタッフが回ってランプに火を灯していく。電気のランプにせずにわざわざ毎回一つずつ火をつけていくのはこだわりなのか、オープンエア故に雨対策なのか。

F_P1490933.jpg

残念ながら低い位置に雲が多く、夕焼けは見られなかったが、それでもやっぱり夕暮れどきの空ってのは味わい深いものだ。
テントを張ったようになってるのが、レストランの屋根。

F_P1490922.jpg

もっと近づいてみると、こうなってる。レストランの中や、その向こうにあるプールが見える。
それにしてもさっきランプに火をつけてにきたスタッフ以外、誰も来ない。誰か来たらカクテルでも頼もうかと思ってたんだが、それならこっちから下りていくか。と、イライラせずに思える自分もだいぶ南国ペースになってきた。

F_P1490965-2.jpg

また昨日のタクシーをつかまえて街に出てメシを食ってもいいのだが、カルマ・カンダラで過ごす最後の夜だし、ディナーは奮発してこのレストランで食うか。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。