hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくの美しいプライベートビーチだが、やっぱり波が高いので諦めてヴィラに戻って、プールでまったり。この日も天気も良くて、絶好のコンディション。

F_P1490827.jpg


実際にプライベートプールに入って、中からの目線だとこんな景色。プールと海と空の青が折り重なる。

F_IMGP3682.jpg


部屋にあったフルーツと、昨日スーパーで買ってきたぶどうを盛って、ヘルシーなおやつをベランダで。
のんびり食ってたら、連れがスパを予約した時間になったので、食いかけのまま出かけていく。僕もいったんヴィラの中に戻る。

F_P1490865.jpg


で、何分か経って何の気なしにまたベランダに戻ると... 猿軍団襲来!置きっぱなしだったフルーツの皿に群がっている!僕が近づいていくとさすがにぱーっと逃げていくが、1匹だけは、少し後ずさりしただけで、逃げない。ボスだろうか。
とりあえず皿を室内に持ち込んで、じっくり写真とってやろうとカメラをもってまたベランダに出ると、ボス風のやつだけはまだ居たので、1メートルぐらいまで近づいて、超アップで撮れた。なぜか視線はあさっての方向だ。

F_P1490871.jpg


逃げていった他の連中も、まだ屋根の上とかで様子をうかがっている。下の写真は腹に小猿を抱えた母猿。
猿がバナナが好きだってのは、どうも本当のようで、後でフルーツの皿を見たら、きれいになくなっているのはバナナだけだった。酸っぱいのは苦手なのかもね。

実はこのリゾートは、もともと森で、猿の住みかだったのを切り開いたので、猿と共存することを意識して、大切にしている(背景には宗教もあるが)。とくに、人間に下手に慣れてしまうと、ヴィラに入り込んできたりしてトラブルの元になるということから、絶対にエサを与えないでくれ、と色んなところに注意書きがある。
今回のは本当に油断した隙の事故だったので許してね~。

F_P1490876.jpg


早いもので、もうそろそろ日が暮れて、カルマ・カンダラで過ごす最後の夜を迎える。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: 猿軍団襲来!バナナを略奪(2010バリ旅行その9)
こんにちは!

プール素敵です!!!

最高の景色を楽しみながらプール♪
天国ですね!!!

>猿と共存することを意識して、大切にしている
↑そうなのですね。
餌付けも生態をこわすから
いけないですよね。

また更新楽しみにしています!!!
2010/06/07(月) 11:51 | URL | 三十路オンナ #-[編集]
Re: 猿軍団襲来!バナナを略奪(2010バリ旅行その9)
三十路オンナさんこんばんは。
そうですね、野生動物相手ってのは難しいものです。
昨日たまたまテレビで見たんですが、バリと同じくヒンドゥ教のインドの街では、猿を大事に、みんなでエサを与えていて、猿のほうも飢えてないので変ないたずらとかしなくて、うまく調和して共存してる、なんてのをやってました。これは「餌付け」してしまった例ですが、どんどん森を切り開いて、猿の住む土地を奪って行かざるを得ない人間としては、これも選択肢のひとつかもしれません。
2010/06/07(月) 22:45 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。