hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリのカルマ・カンダラにて、朝食をとって一休みして、いよいよ海へ。
と言っても海は、この100メートルの崖の下。
リゾートのはじっこのほうに階段もあることはあるのだが、こんな高級リゾートが客に100メートルの階段の登り降りをさせるはずもなく、電動のトロッコが敷設されている。

F_P1490485.jpg


トロッコに乗って、てっぺんから見るとこんな感じ。相当な急角度なので、まともに見るとかなり怖い。

F_P1490484.jpg


あたりは一面、草が茂る。
トロッコはまったく揺れもなく、音もしない。途中で斜面の角度ががくんと大きく変わるのだが、そこもスムースで、全然揺れない。何だかよくわからないが、とてもよくできた仕組みだ。これなら高所恐怖症とか、遊園地の乗り物系はダメ、という人でも大丈夫だろう。

F_P1490483.jpg


まもなく到着。右側に屋根のあるところが停留所。目の前まで波が打ち寄せている。

F_P1490480.jpg


ふもとの停留所から見上げるとこんな感じ。
トロッコは運転手のお兄ちゃんのほかに4人ぐらい乗るとめいっぱいの小さなもの。レールとの接点は2点だけなのでよくよく見るとちょっと怖い。

F_P1490477.jpg


さて、念願の海だが...。こりゃ無理。
ばしゃばしゃとシュノーケリングで遊んで魚でも眺めようという魂胆だったのだが、波が強い。100メートルほど沖合で、まさにサーフィン向けの高い波がざっばーんと起きて、そこでだいぶ弱められているはずなのだが、それでも波打ち際にはじっと立てない(足をとられる)ぐらいの波がくる。
我々よりも肉体的にも精神的にもタフな白人でさえ、なすすべもなく、呆然と波打ち際に立ち尽くす。
むしろ波打ち際よりも、少し海に入ってしまえば、泳げないことはないが、潮にどんどん流されていく。これは、泳ぎが達者じゃないとちょっと危険かも。

F_IMGP3598.jpg


今日は天気もいまいちということもあり、また出直すことにして海は早々に切り上げて、トロッコで上がってきた。
レストラン前のパブリックプールにまだ誰もいなかったので、ここを独占!

F_IMGP3605.jpg

F_P1490518.jpg


これで空が晴れて、海の色がもう少し明るければ素晴らしい絵になったんだけど、自然が相手では仕方ない。
実際のところは、プールには日が差していたので、そんなに悪いコンディションでもなかった。何より、この絶景のプールを独占できる贅沢!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
こんにちは!

トロッコでいくのですね!!!
トロッコなど乗り物が好きなので
乗ってみたいなと思いました(w)

海は残念でしたね。
でも、プールがすごいです!!!
わたし、好きなので、
こういうホテルに滞在したいなと思いました♪
2010/05/16(日) 11:38 | URL | 三十路オンナ #-[編集]
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
はじめまして!!

当方の拙ブログにコメント頂き、ありがとうございました。
とても素敵なブログですね。

美しいバリの写真に、しばらく見とれてしまいました。
こんなステキな場所は、大好きな彼女とかと行けたら最高なんだろーなぁー
なんて見ながら思ってしまいました。

これからも時々よらせて頂きますね。
素敵な写真がUPされるのを楽しみにしています。
2010/05/16(日) 12:12 | URL | プライサニー #OLHiJ7es[編集]
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
プライサニーさん、こんにちは。
プライサニーさんのブログでたまたま懐かしいネタ(ルンピニー公園の大トカゲ)に遭遇して思わずコメントさせていただきました~
今回の泊まったリゾートは、もう徹底して美しく造られているので、写真のウデがどうであろうとそれなりにいい写真が撮れてしまうんですが(笑)。
今回はバリですが、やっぱり僕はタイ大好きなので今後ともプライサニーさんのブログは参考にさせていただきます。
2010/05/16(日) 12:20 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
三十路オンナさん、トロッコ好きですか(笑)
揺れも音もなく、乗ってみると案外怖くない、という拍子抜けするぐらいの安心感はちょっと凄いなと思いました。
プールは、それ自体が美しいですし、絶景でしたね~ なんだか日常生活とあまりにもかけ離れすぎていて、今思うと現実じゃないような気さえします。
2010/05/16(日) 12:23 | URL | hungrykaz #-[編集]
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
ウルワトゥや近くのパダンパダンなんかは
サーフィンのメッカですからね~~。

グーフィーのリップの厚い良い波が立ちます。
僕もサーフィン目的で17年前に友人とバリ島を訪れて
ウルワトゥには見学(笑)しにきた事があります。

確かに岸辺でもかなりのパワーですねえ(笑)

写真だけ撮って帰りました(笑)
何にもない所だったんですけどねえ~~
2010/05/16(日) 23:27 | URL | chempaka #-[編集]
Re: 100mの絶壁をトロッコで降りると、そこは海(2010バリ旅行その3)
何にもないところだった、とのお言葉がよくわかります。
この後書くつもりですが、ホテルの外に出て、ちょっとしたお店ぐらいあるだろ、と期待して散歩してみたものの、ひたすら牧草地が続くだけの、本当に田舎という感じでした。
今のカルマ・カンダラやブルガリ・リゾートあたりに土地を売った人達は一夜にして長者になった、って感じらしいですね。
2010/05/17(月) 21:48 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。