hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2017年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、ホーチミン市街に戻ってきたいちばんの目的、シャツの仕立て屋へ。
旅行ガイド本を見ても、ベトナムではスーツやシャツをオーダーメイドで作ってみよう、と結構紹介されているので、一般的にも有名なのかもしれないが、とにかくオーダー物が安く作れる。
このミサーンという店は、ベンタイン市場のやたらと日本語が上手いコーヒー屋のお姉ちゃんに紹介してもらった。市場のすぐ裏手にある。店構えは、人から薦められなければまず自分から入ることはないだろう、という感じだが、実は場所柄もあってか、外国人の客がひっきりなしに訪れる。

P4120098_2.jpg


ミサーンでは、仕立て屋としては親爺が仕切ってるが、接客を仕切るのは若いお姉ちゃん。かなり流暢にきれいな英語を話す。
ベンタイン市場でやけになれなれしく日本語で話しかけてきたコーヒー屋のお姉ちゃんも、結局自分の店に連れてって買い物させたけど、変にぼったくるわけでもなく、かなり世話を焼いてくれた。いったいどこで日本語を習ったんだ?というぐらい普通に会話できた。いや本当にこいつらはたくましい。ホテルは別として、日本の接客業で、これだけまともな英語を話せる人が、いったいどれだけいるだろう?
まだまだ産業も経済も日本はおろか近隣のタイやマレーシアともだいぶ差のあるベトナムだが、その潜在力に誰もが注目しているのは、こういう、庶民レベルの人々が感じさせるパワーによるところが大きいと思う。

ベンタイン市場の中の屋台で、生春巻きと麺で腹ごしらえ。ホーチミンでは本当によく春巻きを食った。

P4120095_2.jpg


ショッピングモールとかをぶらぶら歩いて、スタバ風のコーヒー屋に入る。Highlands Coffeeという、ベトナム地元のチェーン店だ。店の雰囲気はスタバとかの外資系チェーン店そっくりだ。
様子を見ていると、外国人はコーヒー屋として利用し、地元ベトナム人はレストランとして利用している感じで、食事をしてる人も結構いた。
我々はベトナムコーヒーのお約束、甘~い練乳入り(というか練乳入りなんて言わずに普通にアイスコーヒーを頼むと、甘い)。アジアのコーヒーは酸味がほとんどなく苦みが強いので、私好みだ。

そんなこんなでホーチミンの最後の夜を堪能し、タクシーで再び空港へ。
スーツケースを預けてた店(?)の閉店が迫っていたので慌てて引き取って、夜行便に乗り込む。

P4120105_2.jpg


0時過ぎのフライトで、離陸直後は飲み物だけ。3時間ほど置いて機内食が出てくる。
アジアからの帰りの夜行便はフライト時間が(行きに比べて)短いこともあり、睡眠に当てられるのはせいぜい3時間だ。気圧の変化と寝不足とで、たいてい帰りの朝食はおいしくは感じられない。朝食にしてはしっかりしたメニューだったので、食いしん坊としては張り切って食いたいところだったが、残念。

P4130123.jpg


最後に、帰国後の恒例で全おみやげを広げる。
今回は蓮茶とかのお茶と、フォー中心のインスタント麺、国営デパート内のスーパーで買い込んだナッツ類中心のお菓子が多いかな。あとは市場で買った服とか。いちばん右にあるのがオーダーメイドで作ったシャツ。

P4130127.jpg


そんなわけでホーチミン+フーコック島の旅はこれでおしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: ホーチミンでの最後の夜~帰国(2008ベトナム旅行その15)
hungrykazさん、はじめまして!
chempakaと申します。

僕もベンタイン市場へふらりと行きましたが
誰も声を掛けてくれませんでしたよ(笑)
何か変なオーラーを出していたのかなあ(笑)

仕立て屋さんと言えば、ホイアンに行った時に
嫁さんにアオザイをプレゼントしようと思い
国際電話でサイズを聞こうとしたら。。。。

『あれは手足の長いベトナムのお姉さんが着るもの!』
『日本のちんちくりんのおばはんが着ても似合わんわ!』

。。。。納得(笑)


これからもちょこちょこお邪魔させて
頂きます!今後も宜しくお願い致します。
2010/04/30(金) 00:30 | URL | chempaka #-[編集]
Re: ホーチミンでの最後の夜~帰国(2008ベトナム旅行その15)
chempakaさんありがとうございます。
ベンタイン市場のお姉ちゃんは不思議な人でした。たいてい、日本語で声かけてくる輩はこちらも怪しいと警戒してあまり相手にしないのですが、この人には相手をせざるを得ない人なつっこさというか、押しの強さがあったというか。
お薦めの店を教えてもらったり、一緒にチェーを食ったり、何だかんだと世話になりました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
2010/05/01(土) 01:56 | URL | hungrykaz #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。