hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪01月   2015年02月   03月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク、センセープ運河沿いの散歩の帰り。幹線道路のパタヤイ通りに出るとのんびりした町並みが一転して高層ビル街になり、いきなりアンチ・マネーロンダリング・オフィスとか現れて現実に引き戻される。
しかしアンチマネロンだけ専門にやってるオフィスがこんなに立派なのって、凄いなあ。

DSC_0947014.jpg


200メートルぐらい歩くと、ラーマ一世通りにぶつかり、お馴染みの風景に戻る。

DSC_0948013.jpg


まずはモールに入って休憩。
こういうところの海外チェーン店は世界中でだいたい同じ値段なのだろう、日本人の僕にとってさえ、ちょっと高いと感じる。それでもタイ人でにぎわってるんだから、やっぱりバンコク人は裕福なんだなあ、と、ふと思い立って都市別GDPなんてものをググってみる。案の定バンコクは一人あたり約1万2千ドルで北京や上海より上、タイ全国平均の倍以上だ(それでも東京の4分の1ぐらいだが)。

DSC_0953012.jpg


サイアム・スクエアを歩いてみるが、あまり新鮮味なし。
日本の銀行との提携話をよく聞くカシコン銀行はLINEのキャラクターを大々的に使ってキャンペーン中。

DSC_0956011.jpg


僕のバンコクの旅では定番、MBKのフードコートへ。昔の紙の食券制度はなくなってプリペイドカード式になっていたが、他は何も変わらず。いつもと同じカオニャオ・マムアンに舌鼓。
となりで売ってたネーム(タイの酸っぱみのあるソーセージ)があまりにも美味そうだったので、これも一本。

DSC_0969010.jpg


ナショナル・スタジアム駅へ。ここにもプミポン国王が立派に飾られる。

DSC_0970009.jpg


駅のホームにはきゃりーぱみゅぱみゅが。ワールドツアーでバンコク公演もやるぐらいの人気。もちろんバンコクは日本人が多いからということもあるだろうがちゃんとタイ人にも人気があるようだ。

DSC_0971003.jpg


シリ・サトーンへ帰ってきた。
名残惜しいがこれでチェックアウト。いや〜今回も充実した旅だった。

DSC_0976002.jpg


チェックアウトして、空港へ。スワンナプーム空港って、できたばかりの頃は、ピカピカでやたらと広くて人も多い印象が強かったが、今回はなんか新鮮味がない。その後羽田とか、色んな空港がリニューアルされて見慣れてきたせいかもしれない。

DSCN2541008.jpg


ラウンジでひと休みして、まずはヤンゴンへ、バンコク・エアで飛ぶ。バンコクへ来るのにわざわざヤンゴンを経由するのも妙だが、ミャンマー好きの僕にとってはヤンゴンに立ち寄れるのはむしろお得感があり、かつ、このお正月の時期は飛行機代が全然違って、バンコク便よりかなり安かった。

DSCN2543006.jpg


短時間のフライトでもしっかりしたメシが出る。この緑色の麵はなんだろう。麵に練り込む緑のものといえばほうれん草か、洋風だがバジルぐらいしか思いつかないが、それでこんな発色になるだろうか...

DSCN2547001.jpg


ヤンゴン到着。ここで、問題が起きる。
やはり外国に広く門戸を開いて間もないせいだろう、トランジット客というものに、空港職員が慣れていない。バンコクから到着し、ヤンゴンはただ経由するだけで、このまま東京に帰る、というだけのことが、ひどく例外扱いされる。まず、ここでまたミャンマー入国手続きが必要かどうかですったもんだ。途中まで申請書類を書かされ、途中でやっぱりいらない、ということになる。
預けていたスーツケースも持ってこられ、わかんないからとにかく逃げたがる男性職員と、責任感はあるのだが困り果ててしまいパニクってる女性職員を前に、なす術もなく、待つ。幸いにも同じ境遇の日本人が1人いたので、少し安心。

スーツケースを持ったまま、どうにか出発ロビー階へ。しかしここで、スーツケースを機内に持ち込むと勘違いされ、この液体は何だ?これは何だ?と尋問が始まる。
どうにか収め、空港職員にeチケットとパスポートを預け、待つ。

DSCN2551018.jpg


この、教室みたいな部屋で、ひたすら待つ。
よく考えるとパスポートとeチケットを預けちゃうって凄いことだよな。あの職員がそのままどっか行っちゃったら自分はどうなるんだろう。などと考える。
やがて、逃げ腰だった男性職員が誇らしげにチケットと共にやってきた。結果としては単に振り回されただけで、何か被害を受けたわけでも何でもないのだが、随分不安な思いをさせられた。まあ、それもまたミャンマー。
さすがに疲れ果てたか(笑)、終盤はこれ以外ほとんど写真が残っていない。

最後に恒例のお土産チェック。タイの食材は日本でも手に入りやすいので、あまり気合いの入った買い物はしなかった。そんな中、日本で売ってないレモングラスドリンクと、お気に入りのメイソーンの石鹸を大量買い。反政府デモをやってる近くで買った左の黄色い王様Tシャツもお気に入り。

DSC_0989001.jpg


最後の最後に、ヤンゴンのチャウッタージー・パヤーで買った、この旅最大の収穫の菩薩像でお別れ。
バンコクもヤンゴンも、まだこれから何度も行くんだろうな。

DSC_0996002.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。