hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪04月   2014年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミャンマービーチリゾート、ガパリでの最後の朝。
漁村を訪ね、きれいなプールサイドでたっぷり朝食を食べ、昼には出発しないといけないが最後の最後までリゾートを堪能すべく、さっそく水着に着替える!(笑)

DSC02040013.jpg


ゴールデンウィークの旅行先に東南アジアってのはけっこう微妙で、雨季に入るかどうかギリギリの時期だったりする。僕らの場合はちょうど滞在中に雨季入りの初日を迎えてしまうという、ある意味貴重な体験をしたわけだが、雨季に入ったら毎日梅雨みたいな長雨が続くというわけではなく、この日も朝からきれいな青空が広がった。
雨季の間、この辺のホテルは休業するらしいので、もう客もまばらだ。

IMGP0155013.jpg


プールも独占。
故郷を離れて住み込みで働いているスタッフたちは、もうすぐ故郷に帰れるので、あまり表には出さないが、なんとなくみんなから幸せオーラが出ている。だから休業間際で客があまりいないリゾートでも、寂しい感じがしない。

IMGP0213014.jpg


名残惜しみつつ、ホテルのエントランスへ向かう。つくづく、立派なリゾートだよなあ。

DSC02046014.jpg


ホテルのバンでサンドウェー空港まで送ってもらう。実にのどかな空港だ。
こんなところに1時間以上前に送ってこられても何もすることがないので、搭乗手続きだけしたら、また空港の外にふらふらと。

DSC02061015.jpg


空港の前には何件かの店が並ぶ。とても「空港の前」とは思えないのどかな雰囲気の中、ミャンマービールがうまい!

DSC02071017.jpg


なにやら地元風のお菓子を売るおばちゃん。餅米を使ったお菓子から、それを包む手提げまですべてが手作り感たっぷり。いやーのどかでいいなあ。

DSC02064016.jpg


ミャンマー国内線のお約束、手書き&座席指定のない航空券。
座席指定があるのはヤンゴン始発便のみで、ほかは空いてる席に適当に座る。

DSC02072019.jpg


これからヤンゴンに向かって、いったんヤンゴン観光して、その後はマンダレー周辺を堪能する。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。