hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪07月   2011年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モルディブ4日目。朝飯を済ませ、少し休憩したら、今日もダイビングセンター横のシュノーケリングポイントへ。前の日に連れが「マンタを見た!」(写真なし)というエリアを中心にウロウロ。

黒い連中はニザダイの仲間か。
黄色いのはチョウチョウウオの一種でチョウハンという名前だそうだ。なんでそんな賭け事のような名前なんだとググってみたら、漢字では「丁半」ではなく「長範」だそうで、白い模様が長範頭巾のように見えるのが由来だと。しかしその長範頭巾ってのを知らないのでさらに検索... と検索の無限ループに入るところだったが、享保年間など1700年代前半に流行った頭巾で、能の「熊坂」で熊坂長範がかぶる頭巾と似ているからそう呼ばれる、のだそうだ。これ以上深入りして調べるのはやめておこう(笑)ちなみにWikipediaには、こうやってリンクをたどっていくと6回でどんな言葉からどんな言葉にも行き着けるという都市伝説があるらしい。

P1100163009.jpg


角が生えた、変な顔の魚は、ツマリテングハギ。愛嬌がある。

P1100131010.jpg


黒くて白い筋の入ってるやつはインド洋の固有種でインディアントリガーフィッシュ。その上のほうにいるちょっと大きい奴はイシダイ?

P1100324032.jpg


ドロップオフのサンゴの様子。小さい魚がひらひらと無数に舞う。
崖の手前は水深2~3メートル、向こうは20メートルという感じ。
日本の海水浴場のように、ここから先は行っちゃいけませんというロープがあるわけではないし、監視員がいるわけでもないし、波も潮の流れも穏やかなので、このままいくらでも深いほうへ行ってしまえる。もっとも、シュノーケリングだと、水深の深いところでは水面付近には魚が少ないので、行ってもしょうがないのだが。

今週、モルディブで日本人夫婦が行方不明になったというニュースがあった。数日後女性の遺体が発見されたという(行方不明になった人かどうかは不明)。確かに、誰も見ていないが故に、こういう事故は起こり得ると思う。日本の海水浴場のように過保護とも言えるぐらいロープを張ったり監視員に怒られたりしながら「守ってもらう」のか、まったく何も制限されない自由な海の中で、「自分の身は自分で守る」のか。
僕は泳ぎがそんなに達者なわけではないので、ちょっと潮の流れが強いと「思うように進めない恐怖」を感じることがある。やっぱり海遊びってのは大げさじゃなく命がけなんだな~と思う。

P1100194008.jpg


シュノーケリングしながら200メートルぐらい進むと、サンゴが途切れて、一面の砂浜になる。そのまま浅瀬を進むと、我々が滞在する水上コテージの前の浜につながっている。
ここまで戻ってくれば安心。もう滞在4日目になると、すっかり「我が家」気分。

P1100449004.jpg


上の砂州と同じ場所を、反対側から。

P1100431005.jpg


ここでも半分水上、半分水中写真に挑戦。まあまあ巧く撮れたのもあるが、やっぱり水中に魚が写ってないと寂しいな...

P1100418007.jpg


一足先にコテージに戻った連れが、ジャグジーに入ってるところ。こんな造りだもん、そりゃージャグジーからの眺めはいいよね。

P1100491001.jpg


で、ジャグジーのあたりから海を眺めたところ。
水平線のところにぽつんと2つ点があるのは、この砂州に遊びにきた人の姿。ここのリゾートの名物なので、きれいに砂州が出ている時間帯は時々こういう訪問者がいるが、それ意外はほぼ、この広い海をほぼ独占できる。ていうかみんなどこに居るんだろう。

P1100486002.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。