hungry travelog
美しい海。うまいメシ。豪華なホテル。アジア方面の旅の記録。
≪10月   2009年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はちょっと番外編で、レダン島のほかのリゾートを紹介。まず今回はラグーナ・レダン・アイランド・リゾート。我々の泊まってるコーラルと同じビーチ沿いにあるが、ビーチの南の端にあるラグーナと、北の端に近いコーラル、砂浜をえっちらおっちら歩くと15分か、そのぐらいはかかる。



見ての通りかなり大規模なリゾートで、この島ではベルジャヤに次いでメジャーなところだろう。ちなみにこの一帯には道路というものがないので、同じビーチ沿いにはないベルジャヤに行ってみることはできなかった。
レダン島でどのホテルに泊まるか調べてるときにはここのホテルも候補に挙げていたのだが、かなり大規模で、しかも中国人の団体客が多くてどこに行っても混んでいる、といった感じの書き込みがあった。見てみると実際その通りで、シュノーケリングツアーにでかけると思しきボートを見ていると、日本の通勤電車並のすし詰め状態だ。ちょっと、リゾートに来てまで、あれはイヤだ。



中国の人々は、よほどツアーガイドから強く言われるのか、それとも泳げない人が多いのか、とにかくライフベストをいつでもしっかり着ている。腰ぐらいまでしかない深さのところでばしゃばしゃするにも、着ている。というかいったん着たら脱がないというべきか。あれは、肩が動かしにくくなるので私は着るのがすごくいやで、ツアーガイドからよほど強く言われない限りは着たくないので、赤いベストを着た集団が浜辺を歩いてるのを見るたびに不思議に思いながら眺めていた。
さすがに大きなリゾートだけあってプールは広い。噴水みたいに水が噴射されてたりして、どちらかというと子供や家族連れが遊ぶためのプールという感じ。



建物は伝統的なマレーシア風建築を意識したもの。例えば、本家サイトのマラッカ歩きのページで紹介しているマラッカ・スルタン・パレスと比較するとよくわかる。



ロビーはオープンで広々と開放的。たしかに宿泊客は多いだろうが、それなりに広いので、ホテルにいる間はそれほど気にならなさそうだ。でもやっぱりビーチリゾートは、こういうマンション式の建物ではなく、戸建てのコテージのほうが味があっていいと思うけどね。



最後にロビーに出ていたこのリゾートのマップを。このマップで言うと、右側がビーチ。上に向かうと、我々のいるコーラルへと続く。小さく書かれているのは部屋番号で、600番台から800番台まであるので数百部屋もある巨大リゾートだ。


次のエントリは、とっておきの情報。まだオープンしていない高級(と思われる)リゾートに潜入!
関連記事
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。